フレームオーダーシート
カラーオーダーシート

完成車パーツオーダーシート


System One
フレームカラー シミュレーター

カタログ




フレームオーダーシート






カラーオーダーシート








※フレームデザインはフレームタイプによって非対応のものがございますので、詳細はカタログをご確認下さい。
※完成車をご希望のお客様も完成車オーダーシートと合わせて該当するフレームオーダーシートをダウンロードしてご記入下しさい。
※ご不明な点がございましたら、AVEDIOまたは販売店までお問い合わせ下さい。オーダーシートをご覧頂くにはAdobe Readerが必要となります。 Adobe Readerのダウンロードはコチラから 






完成車パーツオーダーシート






AVEDIO System One フレームカラーシミュレーターとは
Windows上で、AVEDIO System Oneのカラーの組み合わせを確認できるアプリケーションです。
お使いになるには右記のダウンロードボタンをクリックし、PCに保存後、解凍してください。

動作環境 WindowsXP / WindowsVista / Windows7 
※Macには対応しておりません。
1280×1024以上の解像度推奨
(ウィンドウサイズは固定(1280x720)です)。容量約20MB。




使い方


1.
「AVEDIO」というフォルダーの中に ・AVEDIO.exe・cg.dxa・img・マニュアル.htmlというファイルが入っています。

2.
AVEDIO.exeをダブルクリックすると、AVEDIO System Oneフレームカラーシミュレーターが起動します。

3.
右上段のデザインを選んでクリックするとフレーム画像が切り替わります。

4.
右下段のフレームカラー、ロゴカラーから変更したいものをクリック。

5.
カラーパレットが表示されますのでお好きな色を選択してください。
※右クリックでカラーパレットが閉じます。





6.
Basic DESIGN(ベーシックデザイン) 選択時のみ、アップチャージ (+¥5,250)でのエンドカラー選択が できます。デフォルトではOFFに なっていますのでエンドカラーボタンを 右クリックするとONになり、 左クリックでカラーパレットが表示 されます。

7.
画面下にフレームカラー、ロゴカラー から選んだカラーに対応した数字・ アルファベットが表示されますので、 ご注文の際にオーダーシートへ ご記入下さい。

8.
選択したカラーは常に最後に選んだ カラーを記憶しています。再度、 シミュレーターを起動した場合も 前回のカラーが表示されています。 ※常に上書き保存となるので、 複数保存することはできません。

9.
avedio_frame_simのフォルダー内に SAVEDATA.DATというファイルが 出来上がります。 ※このファイルを削除しますと前回の カラーが呼び出せなくなりますので ご注意ください。

10.
終了する場合は右上の×をクリック するか、ESCキーを押してください。 画像をプリントしたい場合は、画像 編集ソフト等をお使いください。




画像編集ソフトをお持ちでない、使い方が分からない方
説明画像はWindows7を例として使用しています。
Windowsのバージョンにより多少異なる部分がございます。Windowsをお使いの場合、標準でペイントソフトがインストール されています。キーボードの右上部にあります「PrintScreen」というキーを押してください。
※表示はPrtScnなどメーカー等により異なります。

シミュレーターウィンドウがアクティブの状態で Altキー と PrintScreenキー を同時押しで(2)~(3)の工程を飛ばす事ができます。
わからない場合は通常操作で(1)~(5)までの 手順を行って下さい。


1.
左上にあります貼りつけボタンを クリックするか、CtrlキーとVキー を同時押しで画面をキャプチャーした 画像が貼り付けられます。

2.
選択ボタンをクリック後

3.
切り抜きたい部分をマウスの 左クリック(押したまま)ドラッグ して選択します。

4.
「トリミング」が選択できるように なるので、クリックすると選択された 部分のみ切り抜かれます。

5.
左上のメニューから印刷を選択すると プリンターの設定画面になりますので プリントアウトができます。




カタログのダウンロード